夏は実は太りやすい季節

最近真夏に外で運動するのは命の危険を伴います…

 

 

夏の高校野球、甲子園大会も、どうなんかなあ、と思ってしまいます。

 

 

あれは過酷な状況をわざと作り出して、一種の苦行のような一面があると思っています。

 

 

ホント、最近の暑さは異常です。

 

 

地球の長い歴史からしてみたら、これくらいの気候の変化はといえるかもしれませんが、もはや暑さに生物が生態を変えていく、「進化」の入る動物が現れるかもしれませんね。

 

 

人間も熱を逃がすため禿げたりして…

 

 

さて、うだうだ言いましたが、昨今の夏の運動は熱中症の危険も伴いますね。

 

 

「夏は特にこれといった運動をしていない」という人が、多くなるのはしかたがありませんね。

 

 

夜散歩する人もめっきり減っています。

 

 

ただし、夏でも何とか運動する機会を作らなくてはなりませんね。

 

 

ここ数年は、日本人にとって夏はめっきり「太りやすい季節」となってしまいましたね。

 

 

実は外気温が上がり、体温を維持するために使うエネルギーが少なくなるため、冬よりも基礎代謝が約10%も低下するという研究結果があります。

 

 

食欲がなくて、冷たい麺類や飲み物ばかりを摂って、濃い、カロリーが少ない食事はとってないからという人は多いと思います。

 

 

でも、代謝力も弱まっているので、けっして太らないとはいえないのです。

 

 

また、夏の食べ物は特に体を冷やし、血液の循環を悪くします。

 

 

夏野菜でさえ水分が多く、身体を冷やすものが多いです。

 

 

それに加えて運動しないと、さすがに太りやすくなりますね。

 

 

太れば血液循環にさらに悪影響を与え、夏バテだけでなく、生理不順や冷え、不眠などの体調不良にも繋がりやすいですね。

 

 

夏は快適な室内で有酸素運動を

 

外はあまりにも過酷な環境なので、外で運動するのは全くお奨めできませんが、ちょっとした工夫で室内有酸素運動を行ってみましょう。

 

 

もちろん、冷房が効いた部屋で行ってもOKです。

 

 

1.もも上げ

もも上げ

脚を高く挙げることで、普段あまり使えていない大腰筋をしっかりと刺激でき、脂肪燃焼を促します。

 

腕を前後に大きく振りながら、太ももを高く持ち上げます。

 

交互に100~200回くらい。有酸素運動は汗ばむ程度は続けることが理想です。

 

また、ももと腕は床と並行以上に高く上げてください。「きつさ」を感じないようでしたら運動にはなっていません。

 

呼吸は深くゆっくり、正しく胸を張って行いましょう。美木良助さんの「ロングブレスダイエット」の要領です。

 

 

 

 

2.踏み台昇降運動

 

踏み台昇降運動

ハイブリッドで効果の高い、代表的な有酸素運動です。エアロビクス効果もあり、太股の筋肉、膝の関節がしっかりと鍛えられます。

 

膝の高さまでの安定感のある椅子を用意し、膝をしっかりと持ち上げ、踏み込むように台にのぼります。

 

上った方の足からおります。

 

今度は反対側の足から登ります。交互にて50~100回程度、または5~10分程度少しきついくらいのハイペースで続けて行いましょう。

 

背筋は必ずピンとたてて。

 

運動はかならず「少しきつい」と感じる程度までは行うことです。緩慢な動作で行っては全く効果がありません。

 

 

 

夏の置き換えダイエットでさらに健康に

 

室内運動を実施しながら、夕食は酵素液で置き換えダイエットをしてみませんか?

 

 

夏は涼を求めてめん類などを食べますが、炭水化物なので、意外とカロリーが高いのです。

 

 

酵素液で置き換えると身体が欲する大量のミネラル分を補給できますから、麺類のカロリーをを効率よく代謝する代謝力があがります。

 

 

運動との相乗効果で、きれいに痩せていくことができますよ。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

女性のダイエットに最適な酵素液一覧のページ↓↓

酵素液一覧


女性のダイエットに取り入れたい酵素一覧のページ↓↓

酵素サプリ一覧


体内の水分を調整するむくみ対策用サプリ一覧のページ。強力なダイエットに。


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

トップページへ