基礎代謝が大きくなれば太りにくい体になります

筋トレしましょう!

酵素を摂れば、その間接的な効果により基礎代謝がスムーズになる傾向があります。

 

 

「基礎代謝量」を増やせれば、酵素液の効能がよりよく発揮できるということでもありますね!

 

 

基礎代謝量を大きくするには、身体の筋肉の量を大きくすることなんですね。

 

 

身体の筋肉の量を大きくすることは、脂肪燃焼には有酸素運動をするよりも断然効率的です。

 

 

有酸素運動のカロリー燃焼はかなり少ないです…

 

 

1時間のウォーキングでは、1食の半分、300カロリーも燃焼できません…

 

 

でも、基礎代謝は、1日に2000カロリーも消費するわけですからね。

 

 

基礎代謝を大きくして、さらに酵素液ダイエットでいかにカロリーを抑えるかが、どれほど太りにくい身体にするために効率的かってことがわかりますよね。

 

 

脂肪が増えるのは基礎代謝量が低下するから

 

脂肪が増えていくのは、老化や運動不足により基礎代謝量が低下するからなんです。

 

 

基礎代謝量が低下しているのに、体が摂る糖分や脂肪などの分量が減らなければ、どうなるのでしょう?

 

 

行き場がない糖分や脂肪は血中を満たすこととなり、皮下に溜まっていくことになってしまうのです。

 

 

糖分や脂肪などは、ちょっとしたお菓子やジュース類などを摂るだけでかなりの分量となるので、「食事量は若いころより減ってるけど~」といったところで、実際に日々摂っているカロリー自体はさほど変わっていないということが多いのですね。

 

 

若い時は、意識しなくても身体を十分動かせていたでしょう。

 

 

でも、ある程度年齢を重ねると、身体を動かすと、あちこちが負担がかかってくるのがわかるようになりますので、「おっくう」になってしまいますよね。

 

 

ちょっと身体を動かすのもイヤなんです。

 

 

身体をちょっと動かすのも、いちいち覚悟がいるようになるのが、齢をとるってことなんですよね。

 

 

こればかりはもう、意識してでも、イヤでも身体を動かしていくしか方法がないので、自分のためだと思って頑張りましょう。

 

 

基礎代謝を大きくする筋トレの注意点

 

基礎代謝量を維持するには「無酸素運動」、筋力トレーニングをするしかありません。

 

 

筋肉に負荷をかけている間は息を吐き出し、筋肉を戻す時にゆっくり息を吸う。

 

 

などというトレーニングを繰り返すと、筋肉量が大きくなっていきます。

 

 

「ロングブレス」を繰り返しながら、ゆっくりと筋肉の収縮を繰り返すことで、筋肉が消費する酸素と糖分を使うため、体は筋肉に蓄える糖分(グリコーゲン)を大きくしようとします。

 

 

これの繰り返しで筋肉は鍛えられ、基礎代謝量は次第に大きくなっていきます。

 

 

こつですが、「もうだめ」というくらいの負荷をかけることですね。

 

 

たとえば「ベンチプレス」なら、簡単に上がる重さを30回できても仕方ありません。

 

 

ギリギリ上げられる重さ。

 

 

10回しかできなかった…

 

 

というのが大切なんですね。

 

 

筋肉は、限界を超えないと大きくなりません。

 

 

身体は、かかってきた負荷より少し大きく筋肉を作ろうとするので、軽い負荷をかけても全く意味がないんです。

 

 

ですから、目標回数は達成できなくても、「もうダメ」っていう負荷をかけましょう。

 

 

で、休み休みダラダラやるのはダメです。

 

 

その分筋肉の限界をさげることになりますからね。

 

 

そうすると、やっぱり効率的に筋肉は大きくなりませんよ。

 

 

限界まで筋肉をつかったら、その日はもう終わりましょう。

 

 

あとは、酵素液のミネラル、アミノ酸を補給すると、代謝が加速して、皮下脂肪を筋肉に転嫁するようにしていきます。

 

 

基礎代謝も大きくなるし、自然に皮下脂肪をどんどん燃焼するようになっていくんです。

 

 

酵素液を飲みながらの筋トレの効果って、けっこすごいんです。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

女性のダイエットに最適な酵素液一覧のページ↓↓

酵素液一覧


女性のダイエットに取り入れたい酵素一覧のページ↓↓

酵素サプリ一覧


体内の水分を調整するむくみ対策用サプリ一覧のページ。強力なダイエットに。


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

トップページへ