酵素に効く、効かないがあるのですか?

酵素液を飲んでも体重に変化がありません。

 

 

酵素に効く、効かないがあるのですか?

 

 

「効かない」と感じるのは、使用法の問題

 

酵素液は正しく飲みましょう

酵素液や酵素サプリメントは食品であり、薬ではありませんので、そもそも「効く」「効かない」という言葉はあまり向きません。

 

 

「効かない」というのは、使用法の問題があるといえるでしょう。

 

 

もちろん、体質もありますけど。

 

 

でも、飲み方を気をつけていれば、なんかしらの実感はあるはずなんですよ。

 

 

酵素液を飲んだり、酵素サプリメントを1ヶ月続けていれば、体重に変化はなくても、なんかしら身体に変化があると思います。

 

 

あ、前よりは起きるのが楽になったかな?とか

 

 

身体が冷えにくくなってきたかなとか。

 

 

その程度感じることができれば「効かない」とはいえませんね。

 

 

酵素液、酵素サプリメントは、食品ですからね。

 

 

薬とは違いますから。

 

 

薬というのは、身体の特定の機関にだけ、特定の強い作用を与えます。

 

 

たとえば、頭痛を緩和するなら、神経を麻酔してしまう成分を送るわけですね。

 

 

その強い作用で、痛みは治まりますが、強い作用が神経に関わる、他の部分にも影響を与えるこということがあります(副作用)し、時間がかかって、効能が切れたら、また元に戻るということも少なくありません。

 

 

ですから、薬を続ける間は、食事療法やリハビリをしっかり行って、身体が自力で体調を回復するようにしなくてはならないんです。

 

 

酵素液は薬ではないですから、身体が自力で身体をいい方向に変えるための道具みたいなものなんです。

 

 

ですから、食療療法やリハビリのように、時間がかかるものなんですね。

 

 

これをダイエットに置き換えてみましょうか。

 

 

ダイエットは薬を使うわけじゃないですから、薬にあたるものがないですね。

 

 

食事療法が酵素液を飲むことですね。

 

 

でリハビリが、置き換え、またはファスティングです。

 

 

薬がないということは、食事療法、リハビリだけで結果を出そうというのですから、実感がなかなか得られないで、時間もかかるということなんです。

 

 

でも、正しく、継続的に行えばいい方向には必ず進むはずなんです。

 

 

大体の病気も、実際は薬で身体を治すのではないのではなくて、身体の治癒力を上げて治すものですからね。

 

 

ダイエットも身体の代謝量やエネルギー燃焼の効率を上げて、効果を上げるものなんですよ。

 

 

酵素は食事療法なわけですから、効くとか、効かないではないですね。

 

 

どれだけ継続できるかということと、正しく継続できるかっていうことです。

 

 

食事療法でも、毎日量や内容に気をつけて、3食きちんと食べなくてはなりませんよね。

 

 

酵素液も、毎日きちんと、食事の前に、または食事を抜いて、同じ量を飲まなくてはいけないんです。

 

 

リハビリもおんなじことですね。

 

 

突然、無茶苦茶な方法を取ったり、途中やめにしてしまったら、なかなか効果はでないです。

 

 

置き換えやファスティングの途中に間食をいっぱいしたり、友達の誘いで飲みに行ったら、そりゃダメですよ。

 

 

酵素液に効果を求めると、ダイエットは成功しませんよ。

 

 

ファスティングが適当でも、酵素液のほうだけ目が行ってしまったら、成功するわけないですよね。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

女性のダイエットに最適な酵素液一覧のページ↓↓

酵素液一覧


女性のダイエットに取り入れたい酵素一覧のページ↓↓

酵素サプリ一覧


体内の水分を調整するむくみ対策用サプリ一覧のページ。強力なダイエットに。


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

トップページへ