糖分は腸から吸収される最小単位です。

生酵素

こんにちは、まりりんです。

 

 

私のホームページに「生酵素は糖分を分解する?」という検索フレーズで訪問された方がいらっしゃいます。

 

 

今日はそれについて書いていこうと思います。

 

 

まず、「生酵素」の定義ですが、これは製品なんでしょうか?

 

 

「まるごと熟成生酵素 スーパーフルーツプラス」のこと?

 

 

それとも「OM-Xオーエムエックス」なんかを含めた、カプセル生酵素サプリ全般なんでしょうか?

 

 

「OM-Xオーエムエックス」は私の他の運営サイトに詳しく掲載しています。

 

 

どちらにせよ「糖分分解」という言葉は正しくはないですね。

 

 

酵素は糖質の元である炭水化物を分解しないと、腸から摂りこむことはできないので、炭水化物なんかは分解します。

 

けれど、糖にまで分解したら、腸から吸収されますので、「糖分」をさらに分解しするなんてことはしないです。

 

 

だからこそ、食事をすると、血液内の糖分が増えるので、「血糖値」が上がるわけですね。

 

 

糖なんですが、肝臓で「ブドウ糖」にされた後、各細胞に運ばれて、エネルギーとして使われるわけですが、量が多ければ、皮下にためられ、「中性脂肪」となります。

 

 

脂肪のもとは「ブドウ糖」でもあるのです。

 

 

よって、酵素は「糖分」を分解することはできません。

 

 

糖を分解するのは「酵母」

 

糖分を分解するのは「酵母」です。

 

 

酵母は糖をクエン酸、ビタミン、炭酸ガス、水に分解します。

 

 

クエン酸は細胞でダイレクトに使われる「エネルギー」そのものです。

 

 

糖は肝臓への経由が必要で、酸性なのですが、クエン酸は肝臓の経由の必要が無くて、アルカリ性です。

 

 

血糖値を上げたり、中性脂肪に関わることもほとんどありません。

 

 

「糖分を分解する」なら、酵素ではなく、酵母ですね。

 

 

なお、糖質を分解する酵母を持つサプリは「千年酵素」「カメヤマ酵母」だけです。

 

 

今のところ。

 

 

>「千年酵素」「カメヤマ酵母」は私の他の運営サイトに詳しく掲載しています。

 

 

生酵素のキモは「酵素」と「乳酸菌」「植物ミネラル」

 

生酵素が持っているのは「植物発酵酵素」と「乳酸菌」ですね。

 

 

「植物発酵酵素」は、炭水化物や、たんぱく質や、脂質などを分解して、取りこむ「消化酵素」をサポートするものです。

 

 

酵素は、食品の状態では分解しますけども、すでに腸から取りこめる単位にしてしまったものを、さらに分解することなんてできないんです。

 

 

「乳酸菌」は腸の善玉菌を培養する役割をします。

 

 

生きて腸に届き、活動するということはほとんどできないのですが、善玉菌を元気にするため、腸が活発になり、消化活動と排便活動が向上します。

 

 

「生酵素」は糖分分解はしないですが、「酵素」や「乳酸菌」、そして植物のたくさんのビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養素を補給してくれるということに意味があります。

 

 

「糖」を分解する、ということにこだわるのであれば、上記の酵母サプリをされたほうが良いと思いますね。

 

 

ちなみに、安いからといって「ビール酵母サプリ」を買わないようにしてくださいね。

 

 

「ビール酵母サプリ」は糖質分解はしません。

 

 

そもそも酵母が生きていないので、酵素を持ってもいません。

 

 

じゃ、ビール酵母サプリは何に役立つのかと言えば、「栄養補給」です。

 

 

ビール酵母サプリはビールを絞った後の、穀物の粕です。アミノ酸、ビタミン、ミネラルの宝庫です。

 

 

栄養補給には最適ですが、ダイエットには直接関係するものではありません。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

女性のダイエットに最適な酵素液一覧のページ↓↓

酵素液一覧


女性のダイエットに取り入れたい酵素一覧のページ↓↓

酵素サプリ一覧


体内の水分を調整するむくみ対策用サプリ一覧のページ。強力なダイエットに。


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

トップページへ