人気の酵素液「酵水素328選」の原液を濃縮したものを生サプリメント化。

酵水素328選生サプリメント1


「酵水素328選生サプリメント」は酵素液「酵水素328選」に付属しているサプリメントでしたが、評判が良いので単品販売が始まっていました。

 

 

「酵水素328選」はこちらのページ。

 

 

ただ、「酵水素328選」は「ファスティング(断食)ダイエット」をもともと推奨しているため、ファスティングに向かないサプリメントというのは単品販売は大々的にはやってなかったと思います。

 

 

でも、時代もちょっと変わりましたね。

 

 

ファスティングダイエットが流行ってからはもう4、5年経つでしょうかね。

 

 

まあ、ライ●ップとかもそうなのですが、食事制限を少し極端にすれば、ある時期からすーっと体重が減ってくるのはたしかです。

 

 

それは、カロリーを日常の健康を保つための基礎代謝異常にカロリーカットすれば、当然痩せていくわけですが、困ったことに痩せたくないところから痩せていくんですね。

 

 

つまり健康的にはなかなか痩せられないのです。

 

 

それに、無理矢理痩せると便秘になったりですね、糖分不足になってしまったりするわけですね。

 

 

それを避けるための酵素液なのですが、なかなか上手くいかず、結局は根性、となってしまう風潮は強いですね。

 

 

そしてダイエットを終えると多くの人がリバウンドしてしまいます。それは無理矢理、不健康にダイエットしたことの弊害です。

 

 

リバウンドする、ということは結構適正な体重だったのかもしれません。

 

 

平均体重はあくまで平均体重です。

 

 

体格や体質には個人差がありますしね。平均体重より多いから太りすぎ、とは言えないですよね。

 

 

それが最近は良く理解されてきたのだと思います。

 

 

まあ、酵素液はなるべくソフトなカロリーカットダイエットのためにあるわけですが、最近は何もそこまでしなくても…という傾向が最近は強くなっているように思います。

 

 

酵素液はなにも「ファスティング」だけのためにあるわけではなく、腸内環境を整えて、身体の代謝をスムーズな方向に導いていくという作用があります。

 

 

酵素の補給のみならず、十分なビタミン、ミネラル、そして多成分のために、ヒトの体に必要なアミノ酸の種類がほぼ摂れることで、身体のめぐりを正し、代謝を促進してくれるのですね。

 

 

これがもし、身体のめぐりが上手くいってないことで、体内の水分調整が上手くいっていなくてむくんでしまっているとかですね、そのような可能性もあるのです。

 

 

そこで酵素液を飲むと言っても、液体を必ず飲まなくてはならないわけではありません。

 

 

ファスティングが目的でなくて、身体のめぐりを正して自然に適正な体重、体型に持って行きたいという場合、サプリでもよいのですね。

 

 

そのような中で

 

 

・飲みやすい

 

・携帯しやすい

 

・かさばらない

 

 

 

など様々な利点があるサプリ単品での販売の声が大きくなっていったということです。

 

 

そのような声にこたえる形で単品販売が開始されたのが「酵水素328選生サプリメント」というわけです。

 

 

「酵水素328選生サプリメント」の公式サイトで詳細を確認。

 

 

「酵水素328選生サプリメント」の成分の目玉「水素パウダー」(酵素液にも入りますけど)

 

酵水素328選生サプリメント2

「酵水素328選生サプリメント」はかなり人気なのですが、その成分がちょっと他のサプリとは違っているからですね。

 

 

その人気の秘密ともいえる成分の特徴を上げていきます。

 

 

  • 328種類もの野草、野菜、果物、海藻などを発酵熟成させた植物発酵エキスがソフトカプセルに生で封入されている
  •  

  • ビタミンB1、B2、B6、B12は厚生労働省が推奨する1日の摂取量に準拠した栄養機能食品
  •  

  • 軽いファスティングに使った場合の糖分補給として、ゆっくり吸収される沖縄黒糖を配合
  •  

  • 人気の「水素パウダー」を配合。(これは酵素液のほうにも入ります。)

 

 

多分、このシリーズ、水素パウダーが受けてるんじゃないでしょうか。

 

 

まあ、水素をパウダーにするなんてことはできませんので(;・∀・)、実は胃の中で混合されると水素を発生すると言われる

 

 

クエン酸、カリウム、炭酸カリウム、微粒酸化ケイ素・硫酸マグネシウム・ヒマワリ油・水素(炭酸水素化合物?)

 

 

を入れているのですね。

 

 

これは現在「水素サプリ」に見られる組み合わせです。

 

 

水素サプリを買わなくても、「酵水素328選生サプリメント」で生酵素も水素サプリも摂れちゃいます。ということですね。

 

 

この水素が何の役割をするのか…ですが、一応「還元力」を期待するということになります。

 

 

酸化しているものは何か…というと、まあ、色々ですね。

 

 

たとえば炭水化物やたんぱく質など、3大栄養素が多すぎると血中のコレステロール値が高くなります。

 

 

これ、血液が酸化しているってよく言いますよね。

 

 

疲労がたまれば、その疲労した部分が酸化していると言いますね。

 

 

その酸化の原因となる物質があるわけですね。コレステロール、疲労物質…それらを還元する、ということでしょう。

 

 

還元すれば表もきれいになって美容によいよね、ってことなんでしょう。

 

 

…ということですが…酵素液の段階で水素パウダーは配合されているので、その水素のみの効果がどうなのかよくわからないです。

 

 

このサプリが体に合って、お肌の調子が良くなったという声もありますけどね。

 

 

でもこういうのは個人差がかなりあると思いますので、あまり深く考えず、気になったら始めてみて自分が体験するしかないと思います。

 

 

原材料を記載します。

 

 

植物発酵エキスの原材料は「酵水素328選」と同じです。それ以外の成分を主にご覧ください。

 

 

原材料:植物発酵エキス、食用サフラワー油、食用オリーブ油、食用大豆油、食用なたね油、食用こめ油、黒糖、カルシウム(天然水由来)、ヒマワリ油、ゼラチン、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、着色料(カラメル)、ビタミンB12、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、クエン酸、カリウム、炭酸カリウム、微粒酸化ケイ素、硫酸マグネシウム、水素、(原材料の一部にリンゴ、オレンジ、キウイ、バナナ、桃、乳、大豆、カシューナッツ、ゴマ、小麦、やまいもを含む。)

 

 

「酵水素328選生サプリメント」の公式サイトで詳細を確認。

 

 

販売条件としては特に目新しいところはありませんが、価格的には妥当かな…

 

酵水素328選生サプリメント3


1袋の分量が90粒と、他の酵素サプリと比べると用量が多いです。

 

 

また、品質の良い生酵素、ということがありますので、少しお値段は良いですね。

 

 

・定期便1袋コース 税別3770円、送料無料

 

・定期便2袋コース 税別7120円、送料無料

 

 

ちょっとした特典がついてます。

 

 

まあ、内容的にはコストがかかっているんだろうから、こんなものかなと思います。

 

 

定期便は3回続けるのが必須条件となるので、注意してください。

 

 

定期便をやりたくない人のために通常購入プランもあります。

 

 

「酵水素328選生サプリメント」を特にお奨めしたい人

 

  • 生酵素を摂りたい人。
  •  

  • 水素を摂りたい人。
  •  

  • 酵素液では続かない、苦手という人。
  •  

  • 体重を徐々に落としていきたいという人。
  •  

  • 便秘気味の人。
  •  

  • 毎日疲れやすい人。
  •  

  • 肌荒れや肌のくすみが気になる人。
  •  

  • 血行が悪く、体温が低い人。
  •  

  • 健康に不安がある人。

 

「酵水素328選生サプリメント」を特にお奨めしない人

 

  • 製品の効果が信じられない方。(信じなければ買えませんよね(-∀-`; ))
  •  

  • お試ししたい人

 

 

評価:星4
酵素サプリとしては最多レベルの原料を使っている発酵酵素液が摂れることや、水素成分が摂れることで人気が高いです。
生酵素だけでは物足りなくて、水素に関心があるという方は摂ってみてはどうかと思うのですが、私としては今回ちょっと手が出なくてお試ししていないので、効果のほどはよくわかりません。
と言っても、私の場合、色々試してるので、混合されてわかんなくなっちゃうんですけどね(;・∀・)

 

 

「酵水素328選生サプリメント」の公式サイトで詳細を確認。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

女性のダイエットに最適な酵素液一覧のページ↓↓

酵素液一覧


女性のダイエットに取り入れたい酵素一覧のページ↓↓

酵素サプリ一覧


体内の水分を調整するむくみ対策用サプリ一覧のページ。強力なダイエットに。


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

トップページへ