脂肪って、「どっち」の脂肪ですか?

こんにちは、まりりんです。

 

 

私の運営するホームページに「脂肪を分解する食べ物は?」という検索で来られたかたがいらっしゃいます。

 

 

脂肪を分解する食べ物なんてあるんでしょうか?

 

 

いえですね、これなんですが、脂肪というのは食べ物に含まれる脂肪のことでしょうか?それとも体内でも作り出される、エネルギーのもとになる脂肪のことでしょうか。

 

 

つまり、食べ物の脂肪である「脂質」のことか、体内にエネルギーのもととして蓄積される内臓脂肪とか、皮下脂肪などの「体脂肪」のことなのか。

 

 

どちらのことかで全然違うんですけどね…

 

 

食べ物にある脂肪分を分解する食品は?

 

食べ物にある脂肪(脂質)を分解する食品。

 

 

これは簡単で、「食物酵素」を多く持つ食品ということになります。

 

 

食物酵素というのは、自然食品にはほとんど存在するものです。ですが、加工したり、調理してしまうと熱に弱いので壊れてしまうのです。

 

 

肉や魚にも酵素はあります。魚は生で食べる機会がありますので、その時にはそれ自身の酵素が分解するような形になります。

 

 

ただ、酵素は「脂身」の部分にはほとんどないため、マグロの「トロ」など脂身の多い部分ばかりを食べていると、その食べ物自身が持つ酵素だけでは、とても食べ物を分解する酵素には足りません。

 

 

結局は食事の中で、食品から摂れる「食物酵素」と人の体内で作られる基本的な消化酵素である糖質分解酵素「アミラーゼ」、脂質分解酵素「リパーゼ」、たんぱく質分解酵素「リパーゼ」などを両方つかって、食事を消化分解し、栄養を取り出していく、ということになります。

 

 

尚、生の野菜や果物、生の魚など、生の食品には酵素が多いわけですけども、発酵食品にも酵素は多いです。

 

 

発酵食品というのは、酵母が食品を酵素をもって分解し、化学変化させていくことで独特の風味を持ったり、柔らかくなったり、保存が効いたりするようになるわけですが、注目したいのは酵母が活動している間中酵素がたくさん存在するということです。

 

 

食品が発酵するときにできる酵素は、ヒトの体内で作られる消化酵素のほとんどの性質を持ちます。

 

 

また酵素の量が多いので、発酵食品は食品の脂質を分解する最も有効な食べ物、と言えるでしょう。

 

 

キムチなどの漬物、ヨーグルト、納豆、なれずし、加熱せずにつかう醤油などは酵素が多いです。

 

 

体内に蓄積された「体脂肪」を分解する食品は?

 

ところで、体内に蓄積された「脂肪」を分解するとなると、消化酵素は全く関係がありません。

 

 

消化酵素はあくまで消化するものだからです。

 

 

皮下脂肪や内臓脂肪を分解するということはできません。

 

 

というのはちょっと表現的に違います。「代謝を活発にすることで蓄積された脂肪を使用する」というのが正しいでしょう。

 

 

代謝を活発にする方法は色々ありますけど、ここは「食品」についてのページなので、特に蓄積された脂肪をエネルギーとして使われやすくする食品というのを書きます。

 

 

それは紛れもなく、新陳代謝を促進する食品ということになります。

 

 

新陳代謝を特に促進するのは「抗酸化成分(ポリフェノール)」です。

 

 

身体が酸化すると、体内の代謝が鈍り、内臓脂肪や皮下脂肪がたまる原因になります。

 

 

そこで酸化を抑止する抗酸化成分を多く持つ食品を摂るのが有効と言えますね。

 

 

最も認知されているのはトクホのお茶じゃないでしょうか。

 

脂肪分解酵素を活性化させるケルセチン配糖体(野菜などに多く含まれるポリフェノールの一つ)を配合。体脂肪が気になる人にお勧めの緑茶。


伊右衛門特茶

 

 

抗酸化成分(ポリフェノール)は酸化を抑制し、新陳代謝を上げる作用があるとされます。

 

 

「没食子酸」「重複カテキン(ポリフェノール)」などが多い濃いプーアール茶や杜仲茶なんかもおすすめです。

 

なめらかな飲み心地。一番人気プーアール茶。
プーアール茶は緑茶を黒麹で発酵させることで、緑茶の抗酸化成分「カテキン」がさらに増えた「重複カテキン」また「脂肪燃焼成分」ができるのが特徴です。


ダイエットプーアル茶


評価:星4
プーアール茶としては癖がなくて飲みやすく、良い商品だと思います。


「ダイエットプーアル茶」の公式ページで詳細を見る。

 

 

メタボリック対策に人気のお茶は抗酸化成分の「重複カテキン」没食子酸を持つプーアール茶他3種類の素材をブレンド。素材の品質管理もしっかり。


メタボメ茶


評価:星5
4茶が配合されているとお得に感じますね。それでいて飲みやすい。価格もさほど高くない。返金保証もある……いいんじゃないでしょうか(*‘∀‘)


「メタボメ茶」の公式ページで詳細を見る。

 

また、抗酸化成分の多いお茶で水分を多くとるということは、余分な食べ物の脂肪が吸収される前にいくらか出してしまうことにもつながります。

 

 

まず、食事の際には特に濃い目のお茶を多く飲むのが良いでしょう。

 

 

少なくとも1日水分は1,5リットルは摂りたいと言われます。

 

 

お茶は毎食2杯くらいは飲みたいですかね。

 

 

サプリで脂肪分解燃焼成分だけでなく、脂肪吸収成分なんかも摂ったほうが全く結果が違ってくると思います。

 

尚、他にも新陳代謝を促進する食べ物というのはあるのですが、それよりも「成分」で摂ってしまったほうがより効率的かと思います。

 

 

体内に蓄積した脂肪を使いやすくする栄養素というのは、アミノ酸の「L‐カルニチン」やジンゲロールという抗酸化成分を多く持つ「ショウガ」、レスベラトロールなどの抗酸化成分などもそうですね。

 

 

ただですね、実際は蓄積された脂肪というのはとても分解が難しいのです。

 

 

それよりも蓄積される量を減らせば、徐々に蓄積された皮下脂肪を使う機会がでてきます。

 

 

ということで、一番よいのは

 

 

・脂肪吸収を防ぐ成分

 

・新陳代謝を促進して、脂肪を使われやすくする成分

 

・排便を促すことで体内に脂肪を蓄積しにくくする成分

 

 

が入っていて、これらがきちんと働くように構成されているサプリなどを活用するのが良いと思うんですね。

 

 

「食品摂取」「消化吸収」「燃焼分解(代謝)」「排出」まできちんと詰まることなく流れていくことが大切ですし、余分な脂肪はブロックできることにこしたことがありません

 

 

それらを全部兼ね備える食品なんてないです。

 

 

ですが、それをきちんと踏まえて調合しているサプリならあります。

 

 

そういうのをつづけたほうが結果はずいぶん違ってくると思いますよ。

 

 

下にこの条件に当てはまっているサプリ「すっぽんスリム酵素」「コレスリム」などの燃焼系酵素サプリを含む、酵素サプリランキングへは、下の酵素サプリのバナーよりアクセスしてください。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

女性のダイエットに最適な酵素液一覧のページ↓↓

酵素液一覧


女性のダイエットに取り入れたい酵素一覧のページ↓↓

酵素サプリ一覧


体内の水分を調整するむくみ対策用サプリ一覧のページ。強力なダイエットに。


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

トップページへ