消化不良が改善されたら便秘になる…ということはあります。

便秘

こんにちは、まりりんです。

 

 

便秘を解消したいと酵素液や酵素サプリをはじめて、逆に便秘になったという人が少なくないということをこのホームページでも言ってきました。

 

 

そう検索してこのホームページにたどり着かれるかた、とても多いんですよね(^_^;)

 

 

むしろ、酵素液や酵素サプリで便が出にくくなったという話はこれまでも

 

 

「生酵素サプリで便が出なくなったんですが…」

 

「酵素を飲むと便が硬くなったりする?」

 

 

なんかの記事で取り上げてきたのですが、腸内の水分がありますね。

 

 

腸の吸収がよくなり、腸内の水分をどんどん吸収してしまうため、便が水分をとられて固く、小さくなってしまうからというものです。

 

 

でも、実は、それだけではないかもしれません。

 

 

それは「良いこと」なんですが…。食べたものをよりきちんと消化できている、ということかもしれないのです。

 

 

消化不良が改善するのは良いこと。でも便秘になるのは困る。

 

今までは、ひょっとしたら、きちんと消化できていなかったのかもしれません。

 

 

消化不良の状態です。消化不良の状態だと、固形物はそのまま残り、さらに消化液などもそのまま便に交じって排出されてしまいます。

 

 

そして、大腸が最終的に消化できない「異物」とみなし、早く体外に排出しようとするため、「軟便」状態となって苦も無く排出されるということがあります。

 

 

ただし、このような人は消化不良になりやすいくらい、消化力、腸の健康状態が良いととはさほど言えない人ということがいえるので、消化が良くなると、その変化に腸がついていけません。

 

 

腸の動き、蠕動運動(ぜんどううんどう)が弱いままであるとせっかく消化がよくなっても、便の出が良くならず、かえって便が詰まってしまう…

 

 

そういうことになるのです。

 

 

このように、酵素液、酵素サプリはべつに「わるさ」をしているわけじゃないんですよ。いいことをしているんだけど、体はそんなに単純じゃないので、状況の変化についていけないこともあるということです。

 

 

これは期間を経れば、だんだんよくはなっていくのが普通です。

 

 

ある意味「好転反応」的な変化が起きているということですね(^_^)

 

 

でも、待てないですよね。「出ない」のはさすがにつらいです…

 

 

じゃ、どうすればいいのかというと、これは「出す」しかありません。

 

 

腸の排出作用を無理矢理起こして便秘を改善。

 

腸が弱い人は、消化不良のせいで軟便になり、便秘と軟便をくり返すなど、そういう人が少なくないですね。

 

 

とにもかくにも、まず腸の動きが悪いということが、根本的な問題です。

 

 

でもこの蠕動運動(ぜんどううんどう)が弱いというのはかなり生まれつき的な、体質的なものです。

 

 

よく「腹筋をすれば?」といいますけど、腹筋はしないよりしたほうが全然いいんですが。

 

 

それで体質が大きく変わるかというとムリです…じゃどうしようか‥

 

 

これは「消化不良的」な状態で、腸の排出作用を無理矢理起こすしかないですね。

 

 

この腸の排出作用を起こすには、わざと「消化しにくいもの」を摂る必要があります。

 

 

消化しにくくて、体によいもの…そんなのあるんですか‥?

 

 

あります!それが「食物繊維」です!

 

 

2種類の「食物繊維」が強力に腸に働きかけます。

 

オオバコ

もともと食物繊維というのは、消化が悪いものです。

 

 

そのおかげで、便はスムーズにでてくれるということがあります。

 

 

食物繊維は植物が持っているものですが、それは植物だけが持つ細胞の特色、「細胞壁」にあります。

 

 

中学校くらいで細胞の構造を習ったような記憶があるんですが…細胞壁は、人が作り出す消化酵素では消化分解することができないのです。

 

 

実は酵素液や酵素サプリの酵素だと、消化できちゃうんですが、影響は限定的です。

 

 

食物繊維が少ないから便秘になるんだとかよくいいますけども、これは食物繊維の消化不良を利用して排便しているということにほかなりません。

 

 

この食物繊維は、水に溶けやすい「水溶性」と水にとけにくい「不溶性」があります。

 

 

水に溶けやすい水溶性食物繊維は、粘性をもって便を出しやすくするだけでなくて、食物の移動を穏やかにしてより時間をかけて食物を消化することに役立ちます。

 

 

その作用は腸内の善玉菌の働きを助けて善玉菌の繁殖を媒介する面ももちます。

 

 

不溶性食物繊維は上にあげたように「消化しにくい」もので、腸内の不要物を絡めとりながら腸を刺激、腸は異物感を感じて排出しようとします。

 

 

このように、「水溶性」「不溶性」の食物繊維を意識して摂ることで、酵素液、酵素サプリに加え、腸内環境をより改善の方向に動かすことができます。

 

 

「水溶性」「不溶性」の食物繊維をたくさん持つ天然成分としては、野草「オオバコ」が知られます。

 

 

それを使った「便通用」食物繊維サプリが出ています。

 

 

私のホームページに掲載していますのでご覧ください。

 

 

健食では突出して強力な便通作用『食物繊維サプリ』

(外部サイトです)

 

 

食物繊維サプリがキツイなあという人は便秘茶をまずはやってみましょう。

 

尚、これらのサプリ、いままで何も便秘に対してやってこなかったという人にはいきなりはちょっと強いかもしれませんね。

 

 

腸を優しく刺激する便秘茶やダイエットティーなんかを先にやったほうが良いと思います。

 

 

それでもだめなら…という段階を踏んだほうがよいと私は思います。

 

 

腸をきれいにする『発酵茶・せんい茶・便秘茶』

(外部サイトです)
※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

女性のダイエットに最適な酵素液一覧のページ↓↓

酵素液一覧


女性のダイエットに取り入れたい酵素一覧のページ↓↓

酵素サプリ一覧


体内の水分を調整するむくみ対策用サプリ一覧のページ。強力なダイエットに。


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

トップページへ