朝バナナダイエットは効果がないからすたれた?

朝バナナ

大分懐かしくてすみません。

 

 

過去にもてはやされていたダイエットとして記憶にあるのが、朝バナナダイエットではないでしょうか。

 

 

朝、バナナと水を朝食とすれば痩せるというものですね。

 

 

かなり人気がでたものですが、今はだれも言わなくなってしまいましたね。(流行りものダイエットは大抵そうなりますが)

 

 

朝バナナにしたから、そのおかげで痩せた!というような確証がだれにも得られていないのが致命的なんじゃないでしょうか。

 

 

朝、バナナを食べることにしたからといって、それによる急な体重減は難しいでしょうね。

 

 

朝をバナナにしても、昼食、特に夕食の量が減らない限りは体重に与える影響はまったくないですよ。

 

 

だって、ダイエットって、全体のカロリー摂取の問題なんですからね。(-∀-`; )

 

 

バナナが朝食として優れているのはまちがいないんですが

 

バナナはなぜ朝食としておススメとされたんでしょう。

 

 

バナナには糖質分解酵素が入っているので、お奨めだとされてきたんですね。

 

 

バナナには、パンやご飯に含まれるデンプンよりは、分解されやすくて、ゆっくり身体に取り込まれるために血糖値を上げにくい果糖で構成されています。

 

 

そのため、腹もちがいいんです。

 

 

さらにバナナ自体にデンプンからブドウ糖に分解する「アミラーゼ」が含まれています。

 

 

糖質分解酵素とは「アミラーゼ」のことですが、アミラーゼは人間の肝臓も生成する、糖質分解を特性とする消化酵素ですね。

 

 

デンプンや砂糖などを多く摂ったばあい、食物自体にアミラーゼがほとんど含まれていなれば、消化に大きな負担がかかります。

 

 

その点、バナナは、身体が生産する酵素量に大きな負担をかけることがなく、分解吸収されるということです。

 

 

まあ、朝たべておけば、バナナの酵素が昼食の消化を助けますしね。

 

 

朝食としてはパーフェクト…

 

 

と、ここまで書くといいことだらけのようですが、1日の生活を通して言えば、ダイエットを促進するほどたいした影響はないです。

 

 

ダイエットでバナナつかうなら、夜のほうがいいでしょう

 

朝必要なのは、脳に栄養を与えるための糖分と身体を動かすための栄養素を作り出すためのミネラル、ビタミンです。

 

 

糖分はダイエットのために抑え目でもよいのですが、ミネラル、ビタミン類はしっかり摂らなければ、身体はスムーズに動きません。

 

 

糖分は抑えて、ミネラル、ビタミンをしっかり摂れる食品なら、別にバナナじゃなくてもいいですし。

 

 

朝は摂ったエネルギーがほとんど昼間使われてしまうんで、別に上記の条件を満たせば、バナナじゃなくていいです。

 

 

まあ、バナナだけにするなら、朝よりも夜のほうがいいように思います。

 

 

夜に食べたものは、直接皮下脂肪になりやすいですから、夜、炭水化物の摂取を抑えたほうがよいのです。

 

 

バナナは糖分がゆっくり体内に入っていきますから、健康的ですね。

 

 

エネルギーも1本100キロカロリー以上とそこそこありますので、満足感があります。

 

 

自身に酵素も多いです。

 

 

置き換えのダイエット食としてはぴったりですね。

 

 

さらに酵素液を飲んでおけば、栄養バランスはばっちりですよ。

 

 

当サイトの酵素液のランキングページへは下のバナーよりアクセスください。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

女性のダイエットに最適な酵素液一覧のページ↓↓

酵素液一覧


女性のダイエットに取り入れたい酵素一覧のページ↓↓

酵素サプリ一覧


体内の水分を調整するむくみ対策用サプリ一覧のページ。強力なダイエットに。


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

トップページへ